あぶら取り紙はニキビの原因になる?理由・使用方法・注意点などを解説

けーと

あぶら取り紙って使ったことある?

BMB君

あれ使ったら、紙にいっぱいあぶらがついて楽しいよね!

けーと

でも使い方を間違うと、ニキビの原因になるのは知ってる?

BMB君

え、なんでニキビの原因になるの?

けーと

じゃあ、あぶら取り紙がニキビの原因になる理由について、詳しく解説していくね!

この記事がおすすめの人
  • あぶら取り紙を普段から使用している人
  • あぶら取り紙とニキビの関係を知りたい人
  • あぶら取り紙の正しい使い方を知りたい人

あぶら取り紙は、日本で昔から使用されている、顔の皮脂を除去するための紙のことです。

手軽に携帯できるので、お出かけ先などでも簡単に顔のテカリなどを抑制するのに役立ちます。

しかし、間違った使い方をすることで、ニキビの原因になります

では、なぜあぶら取り紙がニキビの原因になるのか、詳しく解説していきます。

あぶら取り紙はニキビの原因になる?

あぶら取り紙であぶらを拭く女性

あぶら取り紙は、顔の皮脂を除去するために役立つ便利なアイテムです。

皮脂は、ニキビ大きな原因です。

したがって、皮脂を除去することで、ニキビ予防に繋がります。

また、コンパクトなサイズ感で、持ち運びに便利です。

しかし、使い方によっては、ニキビの原因になります。

あぶら取り紙を使用することで、ニキビの原因となる理由は以下の通りです。

あぶら取り紙がニキビの原因になる理由
  • 肌が外部からの刺激を受ける
  • 肌がオイリードライになりやすい

上記の理由について、それぞれ詳しく解説していきます。

肌が外部からの刺激を受ける

皮脂の役割のひとつとして、肌を外部刺激から守る役割があります。

皮脂膜を形成することで、肌を守るバリア機能を担っています。

しかし、頻繁にあぶら取り紙を使用することで、顔の皮脂膜が構造を崩してしまいます

その結果、肌が外部からの刺激に対して弱くなります。

肌は、外部刺激を受けることで、

などによってニキビが発生しやすくなります。

また、肌のバリア機能が低下することで、肌の乾燥を引き起こします

肌の乾燥は、ニキビの原因菌であるアクネ菌などの繁殖に繋がります。

そして、肌荒れの原因にもなります。

特に、頬や顎などの乾燥しやすいUゾーンへ使用する際は、注意してください。

肌がオイリードライになりやすい

オイリードライとは、肌の表面は皮脂によってテカっていても、内側は乾燥している状態のことです。

肌は、乾燥することで、皮脂を過剰分泌し、水分の蒸発を防ごうとします。

したがって、皮脂を取りすぎることでオイリードライを引き起こします

そして、皮脂が過剰分泌されることで、さらに皮脂を除去するためにあぶら取り紙を使用します。

その結果、悪循環に陥ってしまいます。

インナードライになると、毛穴に皮脂が詰まりやすく、

などの原因になります。

したがって、インナードライを防ぐためには、スキンケアでの保湿が重要です。

正しいあぶら取り紙の使用方法

黒板に書かれたHOW TO(使い方)

正しいあぶら取り紙の使用方法について、解説します。

間違った使い方をすることで、ニキビの原因になります。

したがって、以下の正しい使用方法をぜひ覚えて帰ってください。

正しいあぶら取り紙の使用方法
  • 優しく抑えて使う
  • 使用頻度は1日2~3回まで
  • Tゾーンを中心に使用する
  • 使用後は保湿をする

優しく抑えて使う

あぶら取り紙を使用する際は、優しく押さえるように使用しましょう。

あぶら取り紙は、強く抑えても取れる皮脂の量は変わりません。

また、強く抑えたり、擦るように使用することで、肌を傷つける恐れがあります。

したがって、軽く肌に当てるようにに使用しましょう。

使用頻度は1日2~3回まで

あぶら取り紙を使用する頻度は、1日2~3回までにしましょう。

前述したように、あぶら取り紙を使用しすぎると、必要な皮脂まで除去してしまいます

その結果、オイリードライを引き起こします。

必要以上の皮脂を取り除かないようにするためにも、使用頻度は守りましょう。

Tゾーンを中心に使用する

顔の中で皮脂が最も分泌する部分はTゾーンです。

したがって、Tゾーンを中心にあぶら取り紙を使用しましょう

また、乾燥しやすいUゾーンは、皮脂の取りすぎに注意しましょう。

〈Tゾーンについて詳しくはこちら↓〉

使用後は保湿をする

あぶら取り紙を使用した後は、肌を保湿することが大切です。

皮脂を除去した後は、肌が乾燥しやすいです。

肌が乾燥することで、さらに皮脂の分泌量が増えます。

また、肌荒れの原因にもなります。

したがって、あぶら取り紙を使用した後は、保湿しましょう。

あぶら取り紙の注意点

注意マークが書かれた吹き出し

あぶら取り紙を使用する際の注意点を解説していきます。

主な注意点は、以下の通りです。

あぶら取り紙を使用する際の注意点
  • 擦らない
  • 肌に叩きつけない
  • 何枚も使用しない

上記の注意点について、ぞれぞれ詳しく解説していきます。

擦らない

あぶら取り紙を使用する際は、肌を擦らないようにしましょう

肌を擦ると、肌を傷つけてしまいます。

また、肌のハリを損なう場合があります

肌を美しくするためには、擦らないように注意しましょう。

肌に叩きつけない

あぶら取り紙を使用する際は、肌に強く叩きつけないようにしましょう

擦るのと同様に、肌を傷つける場合があります。

また、強くたたきつけなくても、皮脂は十分に取ることが出来ます。

したがって、強くたたきつけないように注意しましょう。

何枚も使用しない

あぶら取り紙を使用する際は、何枚も使用しないようにしましょう。

使用する目安は、2~3枚までです。

多くあぶら取り紙を使用しすぎると、皮脂の取りすぎになります。

肌の乾燥を引き起こす原因にもなるので、使い過ぎは注意です。

まとめ

ペンとスケジュール帳

あぶら取り紙は、顔の皮脂を除去するために、古くから使用されているアイテムです。

コンパクトなサイズで、持ち運びにも便利なアイテムです。

皮脂は、ニキビの大きな原因なので、あぶら取り紙はニキビ予防にも役立ちます

しかし、使い方を間違えると、逆にニキビの原因にもなります

皮脂を取りすぎることで、肌が乾燥し、オイリードライを引き起こします。

その結果、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすい環境となります。

したがって、あぶら取り紙を使用する際は、しっかりと保湿することも大切です。

正しい使い方をし、綺麗な肌を目指しましょう。

Twitterで記事の更新情報や豆知識をチェック!

おすすめの記事