メンズがお風呂で洗顔するメリットとは?正しい順番や注意点などを解説

けーと

夜の洗顔はどのタイミングでする?

BMB君

お風呂に入った時にするよ!

けーと

じゃあ、お風呂には行った時のどのタイミングで洗顔する?

BMB君

タイミングまでは意識したことないな~

けーと

実は、洗顔するタイミングは大切だよ!

BMB君

タイミングで何か変わるの?

けーと

じゃあ、お風呂で洗顔するタイミングやメリットなどを解説していくね!

この記事がおすすめな人
  • お風呂で洗顔するタイミングを知りたい人
  • お風呂で洗顔するメリットを知りたい人
  • お風呂で洗顔をしていない人

お風呂で洗顔する場合、正しいタイミングがあります。

結論から言うと、お風呂で洗顔するなら一番最後です。

ただし、髭剃りを行う場合は、洗顔の後に髭剃りを行いましょう

お風呂での詳しい洗顔のタイミングは、以下の通りです。

お風呂での洗顔のタイミング
  1. 入浴
  2. 髪を洗う
  3. 体を洗う
  4. 洗顔
  5. 髭剃り

上記の順番で洗顔する理由やメリットなどについて、詳しく解説していきます。

お風呂で洗顔をするタイミングとは?

メンズのお風呂洗顔のタイミング

メンズのお風呂での洗顔のタイミングについて解説していきます。

前述したように、お風呂での洗顔は一番最後が好ましいです。

ただし、髭剃りを行う場合は、洗顔の後に行いましょう

なぜ洗顔が基本的に一番最後が好ましいのか、洗顔までの順序それぞれに理由があります。

したがって、それぞれの順序について、詳しく解説していきます。

1. 入浴

お風呂に入って最初に行うべき行動は、入浴することです。

入浴することで、顔や身体の毛穴が開きます

したがって、毛穴が開くことで、毛穴の奥の汚れまで落としやすくなります

綺麗に汚れを落とすためには、最初に湯船に浸かって温まりましょう。

また、湯船につからない場合は、シャワーで湯気を作ることがおすすめです。

浴室を湯気で満たすことで、毛穴が開き易くなります。

1人暮らしで湯船につからない人などは、シャワーを利用しましょう。

〈毛穴について詳しくはこちら↓〉

2. 髪を洗う

湯船につかって温まったら、髪を洗いましょう。

髪を洗う際は、頭皮をマッサージするように洗います

また、髪の毛でシャンプーを泡立てると、髪を摩擦で痛める恐れがあります。

したがって、シャンプーを泡立てネットなどで泡立ててから使用しましょう

洗い終わったら、しっかりと泡を洗い流しましょう

頭の泡の洗い残しが顔に付いていると、ニキビや乾燥の原因になります。

〈正しい髪の洗い方はこちら↓〉

3. 体を洗う

髪を洗った後は、体を洗いましょう。

体を洗った後は、髪と同様に洗い残しが無いように、しっかりと泡を落としましょう

4. 洗顔

洗顔を一番最後に行う理由は、スキンケアをすぐに行えるからです。

洗顔後は、肌が乾燥しやすくなります。

したがって、お風呂の最初にすることで、お風呂を出るまでに肌が乾燥してしまいます。

その結果、肌荒れなどの原因に繋がります。

洗顔後すぐに肌の保湿をするためには、お風呂の最後にする必要があります。

〈正しい洗顔方法はこちら↓〉

〈様々な洗顔方法についてはこちら↓〉

5. 髭剃り

髭剃りを行う場合は、洗顔後がおすすめです。

洗顔前に髭剃りを行うと、顔に汚れが付着したまま髭剃りをすることになります。

そして、髭剃りによって傷んだ部分から、肌の雑菌が入り、肌荒れを引き起こします

したがって、洗顔で肌を綺麗にしてから髭剃りを行いましょう。

〈洗顔と髭剃りの正しい順番についてはこちら↓〉

お風呂で最後に洗顔をする理由

顔に水をかける男性

お風呂で最後に洗顔をする理由を詳しく解説します。

主な理由は、以下の通りです。

お風呂で最後に洗顔をする理由
  • 肌が乾燥するのを防ぐ
  • 肌トラブルを防ぐ

上記の理由について、それぞれ詳しく解説していきます。

肌が乾燥するのを防ぐ

お風呂で最初に洗顔すると、スキンケアをするまでの時間が長くなります

そして、洗顔後は肌が乾燥しやすいです。

したがって、最初に洗顔することで、乾燥した肌を放置している時間が長くなります。

肌が乾燥することによって、肌荒れの原因になります。

肌の乾燥を放置しないためにも、洗顔は一番最後に行うようにしましょう

肌トラブルを防ぐ

お風呂に入ると、

  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ

などが顔に付く場合があります。

上記の泡は、汚れを含んでいるので、顔を汚してしまいます。

また、顔に付くことで、ニキビや黒ずみなどの原因になります。

したがって、髪や身体を先に洗うことで、顔を汚すことを防ぐことが出来ます。

お風呂で洗顔する3つのメリット

浴槽とシャワールームがあるお風呂

お風呂で洗顔するメリットを3つ紹介します。

3つのメリットは、以下の通りです。

お風呂で洗顔するメリット
  • 毛穴ケアをすることが出来る
  • 泡が残らない
  • 手間がかからない

上記のメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

毛穴ケアをすることが出来る

お風呂で洗顔することで、毛穴が開いた状態で洗顔することが出来ます。

湯船に浸かることで毛穴が開き、毛穴の奥まで綺麗に洗顔することが出来ます

毛穴汚れに悩んでいる方は、毛穴を開かせることを意識して洗顔してみましょう。

泡が残らない

洗面所で洗顔することで、洗顔時の泡がおでこやフェイスラインに残る場合があります。

泡には、顔の汚れが含まれています。

したがって、泡を残すことで、肌荒れなどを引き起こす原因になります。

お風呂で洗顔することで、体全体を流すことが出来ます

したがって、洗い残しがあっても、頭からシャワーで流すことで、しっかりと洗い流すことが出来ます。

手間がかからない

洗面所で洗顔すると、顔を水ですすいだ時に水が跳ねてしまいます。

その結果、後で跳ねた水を拭かなければなりません。

しかし、お風呂で洗顔することで、水が跳ねることを気にする必要はないです。

したがって、手間がかからずに洗顔をすることが出来ます。

お風呂で洗顔する際の注意点

注意マークが書かれた吹き出し

お風呂で洗顔する際の注意点を解説します。

主な注意点は、以下の通りです。

お風呂で洗顔する際の注意点
  • シャワーの水圧を強くしすぎない
  • 温度調節をする
  • 洗顔後に髭を剃る
  • 顔をゴシゴシ擦らない
  • スキンケアをする

上記の注意点について、それぞれ詳しく解説していきます。

シャワーの水圧を強くしすぎない

お風呂で洗顔をした際は、シャワーの水圧に注意しましょう。

強い水圧で顔をすすぐと、肌のハリを不足させる原因になります。

肌のハリを作る主な成分は、

です。

強い水圧によって、上記の成分がヘタってしまいます。

その結果、肌のハリ不足に繋がります

したがって、顔をすすぐ際は、両手で水をすくって優しくすすぎましょう。

温度調節をする

顔をすすぐ際は、水温を32~34度にするように意識しましょう。

温度が高い温水で洗顔すると、顔の皮脂を必要以上に落としてしまいます

その結果、肌の乾燥を引き起こします。

肌が乾燥することで、

  • 肌荒れ
  • ニキビ

などの原因になります。

したがって、顔をすすぐ際は、32~34度のお湯ですすぎましょう

洗顔後に髭を剃る

髭を剃る場合は、洗顔後に髭剃りを行いましょう

前述したように、顔の肌は1日の様々な汚れが付着しています。

その状態で髭剃りをすることで、髭剃りで出来た細かな傷から細菌が入り込む恐れがあります。

そして、肌荒れを引き起こす原因となります。

したがって、洗顔→髭剃りの順番で行いましょう。

また、洗顔後は、肌が乾燥しやすくなっています。

そして、乾燥している肌で髭剃りを行うと、肌を痛めやすいです。

したがって、洗顔後に髭剃りを行う場合は、肌を守るためにシェービングクリームを利用しましょう

〈髭剃りと洗顔の順番についてはこちら↓〉

顔をゴシゴシ擦らない

洗顔後、顔の水滴を拭くために、タオルで顔をゴシゴシ擦らないようにしましょう

タオルでゴシゴシと擦ると、肌を摩擦によって傷つけてしまいます。

その結果、肌のハリを作る成分をヘタらせてしまいます

したがって、顔の水滴を拭くには、タオルで優しくポンポンと拭き取りましょう。

スキンケアをする

洗顔後は、必ずスキンケアを行い、肌を保湿しましょう。

洗顔後の肌は、非常に乾燥しやすいです。

したがって、洗顔後はなるべく早くスキンケアを行うようにしましょう

洗顔後は、約5分以内を目安にスキンケアを行いましょう。

5分はあくまで目安なので、早ければ早い方が肌にとっては良いです。

〈スキンケアの順番はこちら↓〉

まとめ

ペンとスケジュール帳

お風呂に入った際は、洗顔は一番最後に行いましょう。

一番最後にすることで、毛穴が開き、毛穴の奥まで綺麗にすることが出来ます

さらに、体全体が綺麗な状態で洗顔するので、汚れた泡による肌荒れの心配はありません。

また、洗面所で洗顔することに比べると、水が飛び跳ねる心配もありません。

お風呂で洗顔した後は、なるべく早くスキンケアを行うようにしましょう

洗顔後は、肌が乾燥しやすいです。

肌の乾燥は、肌荒れなどを引き起こします。

したがって、約5分までを目安に、肌を保湿して乾燥を防ぎましょう。

Twitterで記事の更新情報や豆知識をチェック!

おすすめの記事