リンゴ酢洗顔の効果とは?注意点・洗顔方法・正しい頻度などを解説

けーと

リンゴ酢洗顔って知ってる?

BMB君

リンゴ酢で洗顔するの?

けーと

そうだよ!

BMB君

どんな効果があるの?

けーと

ニキビ予防になったり、他にも色んな効果があるよ!

BMB君

それは気になる!

けーと

じゃあ、リンゴ酢洗顔について、詳しく解説していくね!

この記事がおすすめな人
  • リンゴ酢洗顔が気になる人
  • リンゴ酢洗顔のやり方を知りたい人
  • リンゴ酢洗顔の効果を知りたい人

今話題になっているリンゴ酢を使った洗顔方法を知っていますか?

リンゴ酢洗顔は、韓国の人気アイドルグループの「BTS」のジョングクさんが発言したことで話題になりました。

リンゴ酢で洗顔することで、肌を綺麗にする様々な効果があります

そんな美容に良いりんご酢洗顔について、詳しく解説していきます。

リンゴ酢洗顔の効果とは?

リンゴ酢

リンゴ酢洗顔の効果について紹介します。

主なリンゴ酢洗顔の効果は、以下の通りです。

リンゴ酢洗顔の効果
  • ニキビ予防効果
  • 肌を弱酸性に近づける
  • テカりを抑える

上記の効果について、それぞれ詳しく解説していきます。

ニキビ予防効果

リンゴ酢には、抗酸化作用が存在します。

抗酸化作用によって、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぐ効果があります。

〈抗酸化作用についてはこちら↓〉

肌を弱酸性に近づける

肌の調子がいい時は、肌が弱酸性であることが基本です。

逆に、肌の調子が悪い場合は、肌がアルカリ性になっていると言えます。

リンゴ酢に含まれる有機酸は、肌を弱酸性にする効果があります。

肌を弱酸性にすることで、肌のバリア機能を正常に働かせることが出来ます

そして、肌荒れや乾燥を防ぐことが出来ます。

テカりを抑える

リンゴ酢には、古い角質や皮脂を洗い流す働きがあります。

特に男性の場合は、皮脂の分泌量が女性に比べて2倍以上です。

などでテカりに悩んでいる方におすすめの洗顔方法と言えます。

また、古い角質は毛穴を詰まらせる原因になります。

そして、毛穴汚れやニキビの発生に繋がります。

古い角質や皮脂を洗い流すことで、綺麗な肌を維持するために役立ちます

〈顔のテカリに悩んでいる方はこちら↓〉

〈毛穴について詳しくはこちら↓〉

リンゴ酢洗顔の注意点

注意マークが書かれた吹き出し

リンゴ酢洗顔を利用することで、肌を綺麗にすることが出来ます。

しかし、どんな人でも利用できるとは限りません

肌質によっては、逆に肌荒れの原因になる場合もあります。

リンゴ酢洗顔が向いていない人は、以下の通りです。

リンゴ酢洗顔が向いていない人
  • 敏感肌の人
  • アレルギーやアトピー肌の人
  • 洗顔後に肌のツッパリを感じる人
  • 日焼け直後の人
  • ひどい肌荒れをしている人

上記の人たちには、リンゴ酢洗顔は向いていません。

リンゴ酢洗顔では、お酢を使用して洗顔します。

したがって、肌の弱い人や肌荒れがひどい人に対しては、強い刺激になります

間違った使用方法を取ることで、綺麗になるどころか肌荒れを引き起こすので注意してください。

リンゴ酢洗顔の方法

洗顔する男性

リンゴ酢洗顔の方法について解説します。

リンゴ酢洗顔は、水洗顔と似た洗顔方法です。

水だけでなく、リンゴ酢を使用することで、より高い効果を得ることが出来ます。

〈水洗顔についてはこちら↓〉

リンゴ酢洗顔の方法は、以下の通りです。

リンゴ酢洗顔の方法
  1. 桶にぬるま湯を500mlとリンゴ酢小さじ1杯を入れる
  2. 10~15回ほど顔をすすぐ
  3. 肌に馴染ませる
  4. 保湿をする

上記の方法について、それぞれ詳しく解説していきます。

1. 桶にぬるま湯を500mlとリンゴ酢小さじ1杯を入れる

桶にぬるま湯(32~34度)を500mlとリンゴ酢を小さじ1杯入れ、しっかり混ぜます。

ぬるま湯は、温度が高すぎると、顔の皮脂を必要以上に落としてしまいます

その結果、肌の乾燥などを引き起こします。

したがって、32~34度のぬるま湯を使用しましょう。

2. 10~15回ほど顔をすすぐ

リンゴ酢を入れたぬるま湯で、顔を10~15回ほどすすぎます。

顔をすすぐ際は、手でゴシゴシしないように注意しましょう

手で擦ることで、摩擦によって肌を傷つけてしまいます。

したがって、優しくぬるま湯を顔にかけるようにしましょう

3. 肌に馴染ませる

顔をすすいで汚れを落としたら、リンゴ酢入りのぬるま湯を顔に馴染ませましょう

手にすくって、肌にハンドプレスすることで、より馴染ませることが出来ます。

4. 保湿をする

洗顔後は、しっかりと肌を保湿しましょう

洗顔後は、非常に肌が乾燥しやすくなっています。

特に、リンゴ酢を使用した洗顔は、お酢によって肌のバリア機能が低下しています。

したがって、しっかりと保湿をしなければ、肌荒れや乾燥の原因になります

〈正しいスキンケアの順番はこちら↓〉

リンゴ酢洗顔の正しい頻度は?

顎に手を当てて考える女性

リンゴ酢洗顔の正しい頻度について解説します。

リンゴ酢洗顔は、肌質によって正しい頻度が異なります。

肌質ごとのリンゴ酢洗顔の頻度を以下の表にまとめました。

肌質頻度
脂性肌(オイリー肌)ほぼ毎日
混合肌ほぼ毎日
乾燥肌週に2回
敏感肌極力行わない

上記の頻度を目安に、リンゴ酢洗顔を行いましょう。

ただし、あくまで目安なので、肌に異変を感じた場合は直ちにやめて、通常の洗顔に切り替えましょう

〈正しい洗顔回数はこちら↓〉

リンゴ酢の選び方

黒板の四角にチェックを入れる

リンゴ酢洗顔に使用するリンゴ酢の選び方について解説します。

リンゴ酢を選ぶ際は、どのリンゴ酢でもいいという訳ではありません。

例えば、調理用のリンゴ酢の場合は、はちみつや砂糖が配合されています。

したがって、洗顔に使用するには不向きと言えます。

また、アルコールなどが入っている場合も、肌荒れの原因になるので洗顔には不向きです。

したがって、洗顔に使用するリンゴ酢は、純リンゴ酢がおすすめです。

まとめ

ペンとスケジュール帳

りんご酢で洗顔することで、

  • ニキビ予防
  • 肌を弱酸性に近づける
  • テカリを抑える

などの効果があります。

通常の水洗顔に比べて、高い美容効果に期待できます。

しかし、敏感肌や肌荒れをしている人がリンゴ酢洗顔すると、肌荒れを悪化させる場合があります

したがって、リンゴ酢洗顔をする際は、自分の肌質と相談しましょう。

脂性肌混合肌の方にとっては、特に高い効果を発揮します。

皮脂によるテカリなどを気にしている人は、ぜひ試してみて下さい!

Twitterで記事の更新情報や豆知識をチェック!

おすすめの記事