洗顔する時の水温は何度がいい?洗顔方法・ポイント・水洗顔などを徹底解説

けーと

洗顔する時は、水温を意識してる?

BMB君

暖かいお湯で洗顔してるくらいかな~

けーと

温度によっては、肌トラブルの原因になるよ!

BMB君

ええ!詳しく教えて!

けーと

じゃあ、洗顔に適切な水温について、詳しく解説していくね!

この記事がおすすめの人
  • 洗顔の適切な水温を知りたい人
  • 普段の洗顔で水温を気にしていない人
  • 肌の乾燥や肌荒れで悩んでいる人

洗顔をする時は、適切な水温で洗顔していますか?

実は、水温が高すぎると、肌トラブルの原因になります

適切な水温は、32~34度です。

では、この温度が適切なのか、詳しく解説していきます。

〈あわせて読みたい!〉

洗顔に適切な水温は32~34度

洗顔する男性

洗顔をする際の適切な水温は、32~34度です。

そもそも、なぜ温水で洗顔するのかと言うと、余計な皮脂を落とすことが出来るからです。

皮脂が溶けだす温度は、32度と言われています。

したがって、32~34度の水温で洗顔することで、顔の皮脂汚れを落とすことが出来ます。

ここで、「32度以上であれば40度でもいいのでは?」と考える方は多いです。

しかし、水温が高くなることで、皮脂が溶けやすくなります。

したがって、高い水温で洗顔することで、必要以上に顔の皮脂を落としてしまいます

その結果、肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れの原因となります。

乾燥肌や肌荒れなどで悩んでいる方は、洗顔をする時の水温を変えてみてみましょう!

32~34度の水温で洗顔するメリット

黒板に書かれた人の絵と電球

32~34度の水温で洗顔するメリットについて紹介します。

主なメリットは、以下の通りです。

32~34度の水温で洗顔するメリット
  • 適度に毛穴を開くことが出来る
  • 皮脂を落とし過ぎない

上記のメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

適度に毛穴を開くことが出来る

洗顔をする際は、毛穴を開くことが大切です。

ニキビの原因は、毛穴へ皮脂が詰まり、毛穴の中のアクネ菌が増殖することです。

毛穴を開き、毛穴に詰まった皮脂を取り除くためには、毛穴を開いて洗顔することが大切です。

また、毛穴の黒ずみなども、綺麗にすることが出来ます。

毛穴を開くことで、毛穴の奥まで洗浄することが出来るようになります。

したがって、毛穴を開くことは、肌を綺麗にすることに繋がります

〈お風呂で毛穴を簡単に開くにはこちら↓〉

皮脂を落とし過ぎない

32~34度で洗顔することで、皮脂を落とし過ぎずに洗顔することが出来ます

40度などの温水で洗顔すると、必要以上に皮脂を溶かして落とし過ぎます。

皮脂は、顔に皮脂膜を形成することで、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

したがって、皮脂を落とし過ぎることで、肌の水分が蒸発し、肌荒れや乾燥の原因となります。

皮脂を落とし過ぎず、健康な肌を保つためには、32~34度の温度が最も良いです。

汚れを落とす正しい洗顔方法

洗顔方法

汚れを落とす正しい洗顔方法について、詳しく紹介していきます。

洗顔方法は、以下の手順で行います。

汚れを落とす正しい洗顔方法
  1. 手を清潔にする
  2. クレンジング
  3. 洗顔料を泡立てる
  4. 洗顔する
  5. すすぐ

上記の手順について、それぞれ詳しく解説していきます。

①手を清潔にする

洗顔をする前は、必ず手を清潔にしましょう

しっかりと手を洗って、雑菌などを洗い流すことが大切です。

汚れた手で洗顔することで、肌荒れの原因になります。

②クレンジング

洗顔料では、メイクは落とすことが出来ません。

したがって、メイクをしている場合は、洗顔前にクレンジングを行いましょう

クレンジング剤でメイクを落とし、しっかりとすすぎましょう。

③洗顔料を泡立てる

洗顔をする際は、しっかりと洗顔料を泡立てることが大切です。

洗顔料を泡立てる際は、洗顔ネットを使用すると便利です。

キメ細やかな泡を簡単に作ることが出来ます。

キメ細やかな泡を作ることで、泡が毛穴汚れなどをより吸着してくれます

したがって、高い洗浄能力となります。

④洗顔する

洗顔をする際は、皮脂の分泌が多いTゾーンを中心に洗顔しましょう

逆に、皮脂の分泌量が少ないUゾーンは、軽く洗顔する程度にしましょう

洗顔する際は、「泡を転がすように」洗顔します。

手でゴシゴシ洗顔すると、肌を傷つける場合があります。

また、肌のハリが低下することにも繋がります。

したがって、優しく泡を転がすイメージを持つことが大切です。

⑤すすぐ

洗顔後は、しっかりとすすぐことが大切です。

洗顔する際の水温は、32~34度に調節しましょう。

髪の生え際やフェイスラインは、泡が残りやすいです。

したがって、しっかりとすすぎ残しが無いようにチェックしましょう。

洗顔時のポイント

黒板の四角にチェックを入れる

洗顔時のポイントについて紹介します。

主なポイントは、以下の通りです。

洗顔時のポイント
  • キメ細かく濃厚な泡を作る
  • 優しく洗顔する
  • 肌質を理解して洗顔する

上記のポイントについて、それぞれ詳しく解説していきます。

キメ細かく濃厚な泡を作る

泡を作る際は、キメ細かく濃厚な泡を作ることが大切です。

泡の目安は、手のひらに乗せてひっくり返しても落ちないくらいの泡です。

洗顔ネットを使用すると、短時間で簡単に理想的な泡を作り出すことが出来ます。

泡立てるのが面倒だと感じる方は、フォームタイプの洗顔料がおすすめです。

〈1分で洗顔とスキンケアが出来る↓〉

優しく洗顔する

洗顔する際は、ゴシゴシ顔を擦らないようにしましょう

肌を傷つけて、肌荒れやハリの低下に繋がります。

泡を転がすように洗顔することで、肌に負担をかけずに洗顔することが出来ます。

また、洗顔後にタオルで水滴を拭きとる際も、優しく拭きとることが大切です。

ポンポンと優しくタオルをあてるように水滴を拭きとりましょう。

肌質を理解して洗顔する

洗顔をする際は、自分の肌質を理解することが大切です。

例えば、敏感肌の方の場合は、刺激が強い洗顔料は肌に合いません。

肌に合わない洗顔料を使用することで、肌荒れや肌トラブルの原因となります。

敏感肌や乾燥肌の方は、朝だけぬるま湯のみの洗顔を行うことがおすすめです。

皮脂を落とし過ぎないように工夫することで、肌質似合った洗顔をすることが出来ます。

〈1日の洗顔回数についてはこちら↓〉

水洗顔はダメなの?

男性が疑問に思っている

水洗顔とは、洗顔料を使用せずに水だけで洗顔することです。

洗顔料は、肌の汚れを落とすために役立ちます。

では、水洗顔をする必要はあるのか疑問に思う方は少なくありません。

実際、水洗顔は、

  • 敏感肌
  • 乾燥肌

などの肌が弱い人におすすめの洗顔方法です。

洗顔料は、肌が弱い人にとって、負担が大きく感じる場合が多いです。

したがって、洗顔料を使用しない水洗顔が、肌にとって負担の少ない洗顔方法となります。

水洗顔の効果

水洗顔をすることで、

などの効果があります。

洗顔料を使用しないので、肌の皮脂を必要以上に落とし過ぎません

また、肌への刺激を抑えることで、肌のバリア機能が低下するのを防ぐことが出来ます。

その結果、肌の潤いを保つことに役立ちます。

水洗顔を行うタイミング

水洗顔を行う際は、に行うことがおすすめです。

夜は、1日の汚れが肌に蓄積されていることが多いです。

したがって、1日の汚れを落とすために、夜は洗顔料を使用しましょう

朝に水洗顔、夜は洗顔料を使用するなど、使い分けることで、肌の負担を減らして洗顔することが出来ます。

〈水洗顔について詳しくはこちら↓〉

まとめ

ペンとスケジュール帳

洗顔をする際の適切な水温について解説しました。

洗顔に適した水温は、「32~34度」です。

皮脂が溶け始める温度である32度を目安に、水温を調節しましょう。

また、水温が高すぎると、必要以上に肌の皮脂を落としてしまいます

その結果、肌荒れや肌の乾燥を引き起こすので注意しましょう。

そして、洗顔後のスキンケアは必ず行うようにしましょう。

洗顔によって皮脂を落とすことで、肌が乾燥しやすくなります。

したがって、洗顔後はスキンケアをして肌を保湿することが重要です。

Twitterで記事の更新情報や豆知識をチェック!

おすすめの記事